キッチン周りをリフォームしてみる

DIYの中でもちょっと上級者向けになりますが、腕が上達したらぜひともやってみたいのがキッチン周りのリフォームです。もっともキッチン周りは、水道や電気、ガスなどの設備が入り組んでいて、それぞれの配管などを変えるのはちょっと難しいため、プロに頼むのがベターです。しかし、キッチンの棚などの収納部分は結構簡単にリフォームできるので、キッチンの雰囲気を変えたり自分の使いやすいようにデザインしたりするのにはぴったりです。

最近の流行りはキッチンをオープンにして見える形にするスタイルです。そのためには、収納もオープンにすると効果的!!収納をオープンにすると、キャビネット棚の圧迫感がなくなり、よりキッチンが広く見えてさわやかな印象を与えるものとなります。どうしても長い間使っていると、キャビネット棚は油汚れなどで汚くなってしまうので、リフォームのタイミングで思い切ってオープン棚にしてしまうという選択肢もあります。しかも、オープン棚の設置は意外と簡単で、それぞれの好みを反映したデザインにしやすいのでメリットが大きいでしょう。

まず、据え付けのキャビネット棚を外したら、後ろの壁が汚いので、壁紙を変えるなどして一緒に壁のリフォームをするようにしましょう。その際の注意点としては、法令上キッチンには可燃性のある木材などを張れないことになっていますので、リビングなどに使う腰壁用の木材を使うのはNGです。また、壁紙も不燃性のものにしたり、できれば防水性のあるものや防油性のものにすると掃除が楽になります。

参照元:たっぷりツマミ・取っ手屋さん-アンティーク金具-

参照元サイト様でも色々な金具が見れますよ!

棚の構成は長い板とそれを受ける金具で十分ですので、シンプルな工事で済みます。でも、金具次第でかなり雰囲気を変えられますので、アイディア次第で色々な変化を付けられます。ホームセンターなどではシンプルな形の金具しか売っていませんが、専門の金具屋さんには色々な種類の金具があるのでぜひチェックしてみましょう。個人的におすすめなのはアンティークショップで金具を探してみること。デザイン性のかなり優れたアンティーク金具が売られていることもあり、しかも価格が安いのでリフォーム用にはぴったり!また、金具だけでなく板に塗る塗料の色合いや風合いを変えることでも個性を出すことができます。白木のままにしてナチュラル調にするのもいいですし、白に塗ってさわやかな雰囲気を出してもOKです。